不動産管理システムを導入して残業を減らそう

女性

不動産ビジネスに向けて

模型と図面

不動産ビジネスの決断

マンション経営をする際には、一棟丸ごと投資するか、区分で投資するかの決断が大切です。一棟丸ごと投資しますと、自販機などの雑収入を得ることもできます。また、一棟マンションは担保評価もでやすくて、出口戦略も多様になります。さらにマンション一棟購入することで、安定した家賃収入を得ることもできます。区分でマンションを購入するメリットとして、お金が一棟マンションほどかからないことがあります。そのため、区分マンションは好立地の場合も多いです。しかし、マンション経営をする時は、場所選びも大切です。都心は空室リスクが低くて、賃料の下落率が低いことが多いです。また、都心は賃料水準が高くて、修繕費等の負担率が低いメリットもあります。土地の価値が高いも、都心の特徴となります。地方の物件は利回りが高くて、積算評価がでやすいです。マンション経営を成功させるには、地域の需要を掴むことが大切です。そのため、物件タイプごとの需要と供給のバランスを掴むことで、マンション経営が順調になります。ファミリータイプの需要があっても、供給の少ないエリアがあります。逆にファミリー向けは過剰で、単身者向けの需要があるエリアもあります。需要があって供給が限られているエリアに積極的に投資する人は多いです。こうしたエリアでは高い収益を狙えます。また、マンション経営のタイミングを考える時は、景気循環を意識することも大切です。景気指標と不動産のサイクルは関係しています。景気指標が良くなって、その後に不動産に関する指標が良くなります。